化粧師は明日に向かって走る

テレビのアンケートなどで、「シュウマイ」について聞かれたとしたら、アナタはなんて答える?「経営者」は、人それぞれで感じ方が全然違うなのかもしれない。

ホーム

目を閉じて踊る子供とあられ雲

人の70パーセントは水分だという研究結果もありますので、水は人の重要点です。
水分摂取を欠かすことなく、みなさん活発で楽しい夏を過ごしたいですね。
ぎらつく強い日差しの中より蝉の声が耳に届くこの時期、普段はあまり出かけないという方も外に出たくなるかもしれません。
すると、女性だと日焼け対策について敏感な方が多いかもしれません。
夏の肌の手入れは夏が過ぎた頃に表れるという位なので、どうしても気にかけてしまう所ですね。
もう一つ、すべての方が気になっているのが水分摂取についてです。
もちろん、普段から水分の過剰摂取は、良いとは言えないものの夏の時期ばかりは少し例外の可能性もあります。
なぜなら、多く汗を出して、知らず知らずのうちに水分が抜けていくからです。
外に出るときの自身の体調も関係することでしょう。
ひょっとすると、自分が気づかないうちに軽度の脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるでしょう
暑いときの水分補給は、次の瞬間の具合に出るといっても言い過ぎではないかもしれないです。
少しだけ歩くときにも、ちっちゃいものでオッケーなので、水筒があるとすごく便利です。
人の70パーセントは水分だという研究結果もありますので、水は人の重要点です。
水分摂取を欠かすことなく、みなさん活発で楽しい夏を過ごしたいですね。

悲しそうに吠える子供と夕立
今年は、近くの海に行っていないが、都合がつけばたいそう行きたい。
現在、自分の子供が2歳なので、砂浜で遊ばせるぐらいだけれど、必ず喜んでくれると思う。
だけど、しかし、今、パンパースを着用しているゆえに、近くの人の事を考えたら海水に入れないのがいいと思う。
プール用オムツもあるが、自治体によっては議論に発展しているらしいので。

雲が多い休日の夜明けに椅子に座る

知佳子はAさんの事が大好きみたいだ。
Aさんも知佳子の事を大切にしている。
Aさんが出張が決まれば、知佳子も絶対行くし、先日は私も一泊だけ同行させてもらった。
この2人は私を同じニックネームで呼ぶし、何をするにも、まず私に聞いてくれる。
なんだか可愛がってくれているような感じがして非常に居心地がよかった。

怒って口笛を吹くあなたとオレ
友人の住まいのベランダにて成長しているミニトマトは、気の毒なトマトなのかもしれない。
ぎりぎりまで水分を与えなかったり、なんとなくミックスジュースをあげてみたり、野菜ジュースをプレゼントしてみたり。
ほろ酔いの私と彼女に、ウイスキーを与えられた時もある。
トマトの親である友人は、こんどぜひトマトジュースを飲ませたいという。
もはやトマトの心は完全に関係ない。

泣きながら大声を出す彼とオレ

「今日の夕食はカレーよ。」
少年は母親が言った今のセリフを聞いた途端、無意識にニッコリ笑った。
少年は学校が終わって家に帰ってから、居間でダラダラとテレビを見ていたところだった。
今日は西日が強い。
網戸の窓では風鈴がときどき鳴っていた。
テレビでは、昔のなつかしアニメを放映していた。
今日の放送は「一休さん」だった。
こんなにも頭の回転の速い少年が今いたら、テストなんてちょちょいのちょいなんだろうな、と少年は考えていた。
でも、お鍋からカレーの匂いが香って来たとき、少年はテレビのことなんて頭から飛んでいってしまった。

怒って泳ぐ彼と横殴りの雪
何でも一個の事を、長期でコツコツ続けている人に憧れを抱く。
野球でも、絵画でも、凄く小さなことでも。
例年通り一回だけでも、いつものメンバーで、いつもの温泉旅館に泊まる!という習慣なども良いんじゃないかなと感じる。
どんなことでも一つを続けると最終的には実用まで達することがあるだろう。
思い返せば、幼稚園の時、ピアノと絵とを教わっていたが、また学習したいな。
こう実感するのは、部屋の角に父に買ってもらったピアノが置いてあるから。
今の自分は全然分からないピアノだけど、余裕ができたらもう一回学びたいとという理想がある。

気持ち良さそうに跳ねるあいつとファミレス

過去に関わったお姉さんがいる。
今までに出会ったことのないようなイメージで、トークの内容がどれも面白かった。
おまけに彼女は資格マニアだということ。
幼稚園の先生の免許、クレーン免許、通関士。
観光英語検定1級、総合旅行業務取扱主任者、元スチュワーデス。
公認会計士まで受かったと言っていたような・・・。
さすがにこれを幼馴染に話したら、君の聞き間違いもあり得ると思う、など言われたけれど。
彼女は、二まわり年上の部長と職場結婚で寿退社していった。

雲が多い金曜の午後に足を伸ばして
数年前の夏、私は彼氏と、横浜のアパートから高速道路を使用し、逗子海岸にやってきた。
なぜかと言うかは、私のデジタル一眼で夜景を撮るためだったけれど、思うように撮ることができない。
砂浜は久しぶりだったから、そのうちヒールを脱いで海に入りはじめた。
それにも飽きて、ビーチで山を作ることをするようになった。
その時位までは、確かに近くに置いていた黒のデジタル一眼。
しっかり滞在して、帰り道の最中、スタンドでデジタル一眼がケースにない事に気が付いた。
しょうがないと思いマンションまで帰るも、少しの間、最高にさみしかった記憶がある。
数百枚の思い出が入っていたあのデジタル一眼、今はどこにあるんだろう?

蒸し暑い木曜の午後に目を閉じて

恐怖はたくさんあるけれど、私は海が一番怖い。
しかも、グアムやオーストラリアなどのクリアな海ではない。
どちらかと言うと、日本海などの暗い海だ。
つい、水平線に囲まれている・・・という状態を想像して怖くなってしまう。
それが味わってみたかったら、オープンウォーターというシネマがオススメ。
スキューバーで海のど真ん中に置いてけぼりの夫婦の、会話のみでストーリーが終盤に近づく。
とりあえず、私には怖いストーリーだ。
実際に起きてもおかしくないストーリーなので、ドキドキ感はたっぷり伝わるだろう。

ノリノリで話す家族と夕立
見入ってしまうくらい素敵な人に会ったことがありますか?
昔一度見かけました。
電車の中で若い人。
同性の私ですが、ドキドキしてしまいました。
どれだけお手入れをしているか、という自分の努力もあると思います。
だけど、内側から醸し出るオーラは確実に存在しますよね。
世の中には魅力的な方が多くいるんだなーと思いました。

↑戻る木
↑戻る木
Copyright (c) 2015 化粧師は明日に向かって走る All rights reserved.