化粧師は明日に向かって走る

さあ、「そよ風」のことを考えてみよう。険しい顔するほど頭を抱え込む問題ではない気がするんだ、「おむすび」については。

ホーム

よく晴れた火曜の午前は微笑んで

働き始めて間もないころ、無知で、大きな厄介なことを誘発してしまった。
罪の意識を感じることはないと言ってくれたお客さんたちに、挽回の仕方も考え出せず、涙が出てきた。
お客さんが、エクセルシオールのカフェオレをあげる、と言いながらくれた。
トチって2個オーダーしちゃったんだ、と話しながら別の種類のドリンク2つ。
ノッポで細身で、とても優しい表情をした男性。
嬉しかったな、と思う。

天気の良い日曜の早朝に食事を
少年は夜中の3時に眠りから覚めてしまった。
夏休みに入って1週間くらいたった夏の夜のことだった。
暑さと湿気で寝苦しく、熟睡できなかったのだろう。
扇風機は室内のぬるい空気を撹拌しているだけで、ちっとも涼しくならない。

寝れないし、お腹も減ったので、少年は大好物のカレーを作り始めた。
冷蔵庫の中を確認し、野菜と肉を用意して、炒めたり煮込んだりした。
空が白んできた頃、台所からは、美味しそうなカレーのいい香りがしていた。

笑顔で叫ぶ先生と花粉症

オフィスで働いていたころ、いまいち辞めるチャンスがやってこなかった。
どうしても退職したかったという訳ではなかったから。
続ける情熱がなかったのかもしれない。
考えるのが面倒で、ある日、ハッキリ今月で辞めると目を見ていった。
そんな日に何でか、入社当時から若干仕事が細かいと感じていたKさんが、声をかけてきてくれた。
会話で、ほとんど事態を知らないKさんが「この会社、しんどいよね。おまえはもう少し続くよ」といった。
なぜか泣きそうになった。
このことから、その日の帰りに、上司に辞職を無かったことにしてもらった。

雨が上がった火曜の深夜に食事を
タイムイズマネーとは、凄い格言で、ぼーっとしていると、実際にすぐに自分の時間が無くなってしまう。
もっとささっと作業も提出物も終わらせることが出来れば、その他の仕事に時を回せば効率がいいのに。
マッサージにいったり、散歩したり、料理にはまったり、週刊誌を読んだり。
そう思ったので、ここしばらく、しゃきしゃき取り掛かろうと頑張っているが、いつまで続くのか。

涼しい休日の夕暮れは足を伸ばして

元々肉類をそこまで好きではないおかずは自然と魚が主な栄養になる。
で、この時期の、土用丑の日は、大した行事だ。
東の方で鰻を開くときには、背開きという習慣があるという。
何故か説明すれば、昔武家社会だったので、腹開きは切腹に通じてしまい良くないため。
逆に、関西で開くウナギには、腹開きである場合が普通。
というのは、西の方は商売の町なので、腹を割って話そうという事につなげているから。
でも、自腹を切るの取り方も通じるので、場所によっては良いとは言えない時も。
というのは、西の方は商売の町なので、腹を割って話そうという事につなげているから。
でも、自腹を切るの取り方も通じるので、場所によっては良いとは言えない時も。
上の話は、バスガイドの正社員で働いていた時に、よく、観光客にしゃべっていた話です。
上野駅より出発して、静岡の沼津のウナギを食べるために向かおうという日程。

どしゃ降りの週末の午前に微笑んで
本日の晩御飯は家族と外食なので、少年は今日、嬉しくてスキップして下校した。
何を注文しよう、と夕方にはいろいろと思いを巡らしていた。
ハンバーグやオムライス、エビフライにポテトフライ、なんてメニュー表にはどんな料理があるのかとても楽しみでもあった。
今回は近くにある和風レストランだ。
お父さんの運転する車は、もうお店の駐車場に到着する。
お母さんは助手席でのんびり景色を見ている。
お姉さんは後部座席で、手鏡で前髪をチェックしている。
少年は車から降りると、期待に胸を膨らませて、入り口の扉を真っ先に開けた。

曇っている金曜の夕方にこっそりと

旅行でも業務でも、韓国に行く機会が多い。
一番は、日本から近い釜山。
観光ももちろんだが、女の人は韓国コスメやネイル用品など興味を持っている人も多いだろう。
韓国人は外見へのこだわり、つまり自分磨きに関しての情熱は強い。
面接や、パートナー探しの際に、日本よりも露骨に判断するシチュエーションが多いという。
そのことから、韓国製のスキンケアなど、美容成分が日本の商品より、多く含まれているらしい。
なので、合う合わないは出てくるものの、結果は期待できるのではないだろうか。

ゆったりと踊る友達と僕
やり始めたら、完結させるのに膨大な時間が必要なものが、日本中に数多くある。
すぐにあげられるのが、外国語の習得だ。
しかし、お隣の韓国の言葉は、例外的で、日本語と語順が一緒で、なんと発音も似ているので、身になりやすいそうだ。
3年くらい韓国語を学んだ友人曰く、英語より割と習得しやすいので飽きないよ、とのこと。
そうと聞いたら参考書でも読んでみようかなあ・・・と思ったけれど、あのハングルは暗号にしか見えない。

気持ち良さそうに話す君と濡れたTシャツ

このごろ、お腹周りのぶよぶよとした脂肪を減らさないとと考え毎日、筋トレを頑張っている。
自分の娘を俺の体の上にしがみつかせて回数を数えながら筋トレをしたら、わが子との遊びにもなるし、子供も数を刻まれるし、自分のみにくいぜい肉も減少するし、ベストなやり方だと思っていたら、最初のうちは、喜んでいた娘も退屈なのか、やらなくなってしまった。

ノリノリでダンスする先生と飛行機雲
最近のネイルサロンは、ジェルなど、凄く高度な技が使用されているみたいだ。
ちょっとだけ安くなる招待状をくれたので来店した。
思いっきり、柄やデザインに対して、優柔不断なので、決めるのに時間を使った。
親指に簡単なネイルアートをしてもらって、感動しテンションが高くなった。

↑戻る木
↑戻る木
Copyright (c) 2015 化粧師は明日に向かって走る All rights reserved.