化粧師は明日に向かって走る

あなたが思っている「歌手」と、大多数の人が考えている「フライドポテト」は、もしかしたらまったく違うものかも。そんなことを考えると、ちょびっと面白くない?

ホーム

具合悪そうに歌う母さんと夕焼け

版画や写真など芸術が好きだし、デッサンも描けるのに、写真が非常に下手だ。
しかし、過去に上機嫌で、キャノンの一眼を重宝していた時期もあって、出かける時には必ず持ち歩いたりした。
ビックリするくらい焦点が合ってなかったり、芸術のかけらもない配置なので、一眼レフがガッカリしているようだった。
それは置いておいても、カメラや現像はやっぱりとても、最高に楽しいと思っている!

目を閉じて踊る姉妹と公園の噴水
生まれた県が違うと食生活が変わることをいっしょに暮しだしてからめっちゃ気づくことになった。
ミックスジュースシェイクしようかと嫁からいつだったか言われ、コンビニででも買っていたのかなと考えたら、作ることが普通らしい。
たくさんの果物とアイスを挿入して、普通の牛乳をいれこんでミキサーで混ぜて出来上がり。
家庭でつくったものを味わい飲んだのは未知の体験だけれど、大変よかった。
よかったし、くせになって、私もつくっている。

どしゃ降りの休日の夜明けに食事を

梅雨がこないだ明け、今日蝉が鳴いているのを聞いて、少年は「あぁ夏だなぁ。」と感じた。
あと10日ほどで夏休みという休日の午前中、少年は縁側で入道雲を見ながらアイスクリームを食べていた。
頭上では風鈴がときおりチリリンと音を立てた。
朝から暑い日で、日光が座った少年の足を照りつける。
少年は半ズボン姿だった。
ほっぺたを伝って汗が流れ、アイスも溶けて垂れてきた。
少年は、近所にある市民プールのプール開きを待ち焦がれていた。

ゆったりと泳ぐあいつと穴のあいた靴下
私の息子がマルモダンスをまねしている。
私は教えていないけれど、3歳なのに頑張って踊っている。
テレビの中でマルモダンスのメロディが聞こえると、録画した映像を見ると主張して泣いている。
保存した映像を流すと止まることなくずーっと見続けている。
親としては、映像を見続けるよりも絵本を読んだり、おもちゃで遊んだりしているのがいいのだけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、いっしょに遊んであげたり、本を読んであげたりしようと思う考えている。
大きくなったら必ず巣立っていくものだから、今遊んでおくのも私たちの為だ。

目を閉じて吠える弟と私

一年の中で、雨の続く梅雨の時期が好きだ。
部屋はじめじめしているし、出かければ雨に濡れるけど。
その訳は、子どもの頃、雨の日に見た紫陽花が美しく、その頃からあじさいが咲くのを楽しみにしている。
長崎で知り合った、シーボルトとお瀧さんの紫陽を見ながらの逢瀬をご存じだろうか。
オランダ人の中に紛れて男の子ドイツ人のシーボルトが、紫陽花を見て「お瀧さんのように綺麗な花だ」と言う。
この時期にひっそりと咲くアジサイを見て何度も、お瀧さん、お瀧さんと口にした。
それが訛ってしまい紫陽花はおた草と異名を持つようになったらしい。

ひんやりした祝日の朝に昔を思い出す
少し前、体の調子が悪いのに、食生活と、眠りの内容が悪かったので、ニキビが増した。
改善したいと考えて、食生活を意識し、美容に良い事をし続けようと周りの意見を聞いた。
数多くの雑誌で推進されたのが、アセロラドリンクだ。
今もかなりの頻度で飲むことにしている。
レモンよりもビタミンがたっぷり摂れるとの事だ。
コンディションと美は結局果物から出来上がるのかもしれない。

どしゃ降りの土曜の夕方に足を伸ばして

冷え性にかかってからは、ちょっぴり身にこたえるけれど、何と言っても真冬がいとおしい。
外の空気が乾燥しているので、パリッとした匂い、それに加えてヒーターの温もり。
寒い時期の陽の光って贅沢な気がするし、一眼レフを持って行った、夜の海もいい感じ。
季節の空気を撮る場合は、レフもOKだけれどトイでめちゃくちゃシャッターを押しまくるのがなかなか味のある写真がゲットできる。

よく晴れた休日の夜に昔を思い出す
田舎に住んでいたら、インターネットでものが手軽に購入できるようになったのが、すごく便利だ。
その理由は、大型の本屋が市内に一軒だけしかなくて、品ぞろえもひどいから、購入したい本も買えないからだ。
取り寄せるよりはネットで購入するほうが手間がかからない。
その理由は、本屋に行くだけで原付で30分かかるから大変めんどうだ。
オンラインショップに慣れたら、なんでもインターネットで購入するようになった。
電化製品は、ネットのほうが必ず安いし、型番商品は必ずネット購入だ。
ただ、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

薄暗い平日の昼は立ちっぱなしで

離れた実家で暮らす母親も孫の為だといって、大変色々手作りのものを苦労して縫って届けてくれている。
キティーちゃんがとても好きだと話したら、伝えたキャラクターの生地で、ミシンで縫って作ってくれたが、布の購入価格がすごく高くて驚倒していた。
縫物の為の生地は縦、横、上下のキャラクターの方向があって気をつけなくてはならないらしい。
なのだけれど、たっぷり、裁縫してくれて、送ってくれた。
孫は非常にかわいいのだろう。

そよ風の吹く仏滅の午後はこっそりと
仲のいい子とお昼に計画をしていた。
福岡の待ち合わせスポットになっている大きなテレビ画面の前。
そこで、30分くらい遅くなると電話が入った。
この場所はみんなの集合地点なので、人々は次第にどこかへいってしまう。
スマートフォンでミュージックを聴きつつ、景色をぼーっと見ていた。
それでもすることがないのでそばのカフェに入って、オレンジジュースを飲んでいた。
しばらくして、友人が待たせてごめんね!と言いながらきてくれた。
今日のお昼は?と聞くと、パスタが良いと言った。
色々探してみたけれど、入りたい店を探せなかった。

↑戻る木
↑戻る木
Copyright (c) 2015 化粧師は明日に向かって走る All rights reserved.